2012年10月10日

お金に執着しているOR

http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/blog-post_4551.html

お金に執着しているのは大川隆法氏です。なぜこんなにお金集めに奔走されるのでしょうか。ご自分の見栄で拡大する事業欲を抑え、

大悟館で使うお金を削減されたら、もっとロー・コストで経営できるはずです。人が来ないところに建物を建てすぎておられます。大川隆法氏も一つが二千万円もする腕時計を、両腕につけて講演するような、恥ずかしい真似は二度とされないで下さい。また理事を大量生産されていますが、局長・理事クラスには月額百万円以上を支給されているようです。

こうした人件費のバラまきをおやめください。もともと宗教法人の職員というのは、それほど高給取りになってはいけないのです。なぜなら信者の皆様のお布施で生活しているからです。信者さんの中には理事・局長さんたちの数分の一という人が数多くいらっしゃいます。この方々は、爪に火をともすようにして生活を切り詰めたなかから、人類のお役に立つなら、仏陀のお役に立つならと、布施をされているのです。

大川隆法氏は、信者は老後の心配は要らない、適当な時期にあの世に引き上げてもらえるという説法をされたこともありますね。

これを信じた人は、老後の蓄えまで切り崩されています。





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:33| Comment(0) | 元職員Tさんのブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。