2012年10月21日

コーフクの洗脳テクニック

京大工学部大学院と阪大医学部を卒業したMさん
東大工学部と東大法学部(経済?)を卒業したHさん
二人とも頭脳優秀なのに入信したということは、初期の時点での霊言はホンモノだったといえる
ニセモノだったら、当然二人に見抜かれるだろうから
そうやって優秀な人材がコーフクに取り込まれていくことによって、宗教団体としての信用も得られた
みんなだまされたのだ

ORが巧妙なのは、初期の時点から法を変えていったということだ
それで徐々に信者が洗脳されていった
最初から神々の主であったなら、誰もついてこなかっただろう

ようやくそのことに気づく人間が現れた

最初からそれを見抜くのは困難だっただろう





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:29| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。