2012年11月18日

ORの離婚について

http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/11/blog-post_16.html#comment-form

私は離婚そのものが問題というよりも、釈尊の生まれ変わりと称する大川氏が、ああいう形で奥様を罵倒しながら離婚劇を演じたことが与える信者さんへの影響を、とても問題だと思っています。
弟子は師を真似ます。
大川氏を信じた人は、同じことをしても、悪いとも思わないと思います。
でも、大川氏のしていることは、明らかに異常です。
人としてすべきこととは思えません。
まして釈尊の生まれ変わりを標榜する人がすることではない。
だから、大川氏が厳しい批判にさらされるのは当然であり、またさらされなければならないと思います。
大川氏の行ったことが、社会に害毒を流すからです。
その意味で、離婚一般と大川氏の問題は、分けて考えるべきだと私は考えております。





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 21:10| Comment(0) | 元職員Tさんのブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。