2012年12月01日

解散を知らなかった野田首相の守護霊

878 :ラムー ◆hoNqVKX2Ramu :2012/12/01(土) 00:49:28.76 ID:5s+Twhmt
群馬県前橋支部で開かれた選挙集会での模様(11/20)
・本部長あいさつ
「世界皇帝を倒す女、ミキティ、野田首相守護霊に挑む」ということでですね、今度経典が発刊されます。こちらの経典のまえがき、あとがき紹介させていただいて、局長からのお話を始めさせていただければと思います。
総裁先生から2012年11月16日に賜りました。その2日前の確か14日だと思いますが、大門局長と対談されたら午後には退陣が決まっていたというですね、霊界でやっつけられてしまったということだろうと思いますけども、実際、このようにまえがき賜っております。(〜以下まえがきの紹介つづく・・)

・紹介終わって、続いてミキティの登場
(前出の選挙結果分析に続いて野田首相解散の話題へ)
野田首相守護霊は「まだ解散しない」「解散に反対する者を浮き彫りに立たせて、自分は悪くないというスタンスで、年越しまで引き伸ばす」ということを「ドジョウのようにヌルヌルと行くぞ」とおっしゃってました。
ま、そこらへんはカットされてるんですけど、そういった経緯もありまして、これを受けた後、「まだ解散しないよね」と悠長に構えていたんですけど、「ちょっと待てよ」と誰かが3時か4時くらいに気づきまして、「16日解散って言ってるよー!」っていうことで「えーーー!!」っていうようなことで、「でもこれは野田の罠かもしれない」というので、「まだ信じれない、まだ信じれない」ってですね、あのー、まあ、16日って言っておいて、定数削減のところは自民は呑まないだろうということで、日付まで出したけど、自民は呑まないからってことで自民を悪者にして年越そう、という線なんじゃないかと、党首も言ってたんですけど、えー、どうやら怪しいということで、どんどん雲行きが怪しくなって、雪崩解散ということになりました(エヘヘ

--------------------

ミキティ正直!(笑)

若いからそのまま言ったんだろう

しかし、何が(エヘヘ, だ

野田首相は12月解散を以前から腹に決めていて、それを安倍総裁との国会対談でぶつけると、ある情報筋の話を新聞で読んだ

解散を知らなかった野田首相の守護霊とは?





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 09:55| Comment(0) | 霊言のおかしさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。