2013年01月08日

ORの使命とは?

出口王仁三郎の過去世である稗田阿礼が、高級霊の霊言を受け取って古事記を編纂したように、ORも高級霊の霊言集の刊行が使命だったのだと思う

94年の「方便の時代は終わった」で高級霊の霊言を封印したが、本当は霊言集の刊行がメインであって、教団の運営などはどうでもよかった

ORが会社勤めをして霊言集を刊行してもよかったが、ORが退社したため自身や家族の生活のために教団の運営を続けざるを得なかった

以後は仏陀を詐称し、大宇宙の神として教団を続けることになる

霊言集以外のハウツー本を含むORの自書は全て駄本である

読む価値がない!

最近の霊言本はORの妄想である

実質「方便の時代は終わった」で、方便ならぬコーフクの使命は終わっていたのだ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 20:40| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。