2013年03月10日

これぞ、没落の法則!?

「祈願はすべて真逆の結果」
http://tanemura1956.blogspot.jp/2013/03/blog-post_10.html

K:父が数年前に亡くなって、幸福の科学に供養をお願いしました。その時から私の心の状態が悪化しました。

T:本来仏教は「無畏施」といって恐怖心を鎮めて安らぎを与える教えですから、今の幸福の科学は仏教精神とは無縁ですね。恐怖心を票集めやお金集めに使っていますよね。これは邪教の手口だと思います。

K:5、6年前、ある支部でご巡錫があった時に、私の目の前を総裁が通り過ぎたのですが、全く何の感動も起きませんでした。「自分には信仰心がなくなったのか」と思いました。昔はすごかったという印象があります。

T:私も昔は同じような印象を持ちました。しかし、あなたと同じように、ある支部へのご巡錫の時、その場にいた私は、確かに全く感動しませんでしたね。

K:経営診断という100万円の研修を受けたことがあります。ショックなことが、その後起きました。1000万円の植福をして植福菩薩になった人がこの研修に参加していたんですが、この人は車に轢き殺されて亡くなったんです。夫婦が道路で自動車の事故現場を見に行ったときに、そこへ追突した車が反転してご夫婦をひいたんです。奥さんが大けがをして、ご主人は死亡しました。

T:そういえば、宇都宮の総本山ができて数年したころ、車に同乗して精舎に向かっていた会員さん5人が高速道路で事故にあい、全員死亡したことがありました。教団で超極秘扱いになった出来事でした。

K:私は新しい会社に入って事業繁栄祈願を10万円で受けたんですが、その会社は祈願して間もなくつぶれました。結局失業です。
30万円出して起死回生の祈願を受けたこともあるのですが、母の病気はかえって悪化し、私の仕事も行き詰まりました。





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 10:16| Comment(2) | 元職員Tさんのブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
総裁って何者なんですか?
Posted by ミーコ at 2013年03月11日 08:47
疫病神
貧乏神
にして
稗田 阿礼(出口王仁三郎)の生まれ変わりだと思います
Posted by 本末天道 at 2013年03月11日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。