2013年08月28日

幸福の科学は邪教化した

思えば20数年も信者でいたのだ

なぜそんなに長引いたかといえば、初期の時点では天上界の指導があったからだ

だからこそ20数年も信者でいた

最初から天上界の指導がなかったならば、会員にすらならなかっただろう

教祖がおかしくなってからも、教団はそれをオブラートにくるんで信者に隠し続けた

それでも09年までは植福を続けてきた

そして昨年正式に退会した

幸福の科学と決別したのだ

邪教化した教団と縁を切ったのだ

20数年も信者でいたということは、長い間白黒を付けなかったということだ

それが90年の大伝道のおかしさも、大川の指示だったということがわかったので、スッキリした

人間がやる組織活動だから、おかしなこともあると考えていたのが、大川の指示から出ていたということがわかった

幹部職員が悪いのではない

その大元の大川自体がおかしかったのだ

無茶苦茶な大伝道の指示を出していたのは大川自身

私は大川が元凶だというのがわかって退会した


それが見抜けないものは、今でも信者を続けている





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 14:04| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。