2013年09月29日

ポン吉氏の指摘はするどいのだが

http://ponkichinohitorigoto.blogspot.jp/2013/09/blog-post_29.html
何故、「反省」と「与える愛」が必要か
はい、何故、「反省」と「与える愛」が必要か、ということですが、「人間であり続ける為に」ということです。

これがなくなると、「元の化け物に戻ってしまう」ということです。

ブログ村某カテゴリが良き手本です。

「愛と調和」がモットーのエルカンターレ系霊団の中に、何故か、「人気至上主義の仙人たち」が乱入し、現在の「末期的状況下」に於いては、

「集団で嫉妬対象者を計画的に嬲り、屠り、その“憧れのポスト”に“光の天使気取で居直る”」、

そして、

「“中立的仲裁”と称して、“法友暗殺計画立案者たちによる、自作自演の茶番劇”」

まで打たれました。

これは、「仙人・天狗界」を通り越して、「魔界」にまで堕した姿なのです。

末端サンガもね、長いこと、「ノルマ至上主義、数字至上主義の仙人界」でしたので、「脅迫したり、騙したりしても、数上げた者の天下」だったでしょ?

その弊害の象徴が、あのブログ村某カテゴリの醜態なのです。

目に余る「貪り」と「無明」。

吐き気がするほど悍ましい。

「レプタリアンに、反省と云う文字はない」

ので、一日も早い「永久閉鎖」を望みます。

--------------------

ポン吉氏によると、レオとガンブロとkairuと仲裁者アマミキョはレプタリアンということなのだが、下線を引っ張った部分は、大川の指示によるところなのだ

だから大川はレプタリアンの親分ということになる

そこが私とポン吉氏の見解の相違だな(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 20:34| Comment(2) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>集団で嫉妬対象者を計画的に嬲り、屠り・・・私も経験しました。

どうせなら、悪魔認定書を発行して欲しかったですね(笑)。
現代は、科学が進んでいますが、不憫です。携帯であっというまに、悪事を犯してない悪事まで、瞬時に広がります。
火の気の無い所にも火の気は立ちます。
あのことわざは間違っています。

数値至上主義が仙人界とは、なるほどですね。

話が変わって、心正しい宇宙人に救いを求めたら、救われるのでしょうか?
Posted by XYZ at 2013年09月30日 20:00
コメントありがとうございます
入院していたので、コメント遅れました
Posted by 本末天道 at 2013年10月16日 17:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。