2014年05月05日

ひどい話だな

恐怖を植え付ける大川隆法の手口から逃れよう!(2)
http://tanemura1956.blogspot.jp/2014/05/blog-post_2.html

 元理事長のBさんも同様だったと思います。私は還俗後にBさんと交流が再開しました。そしてBさんが、職員時代の終わりごろに癌を患ったり、また還俗前には1年間の自宅謹慎という、他に例を見ない重い処分を受けておられたことを知りました。

 Bさんは1996年に秘書局長をされていた時に、ORとの関係で深刻な悩みを持った女性秘書を逃がしたことがあったので、そういうむごい目に合われたのでしょう。
Bさんは医師としても極めて優れた方でしたし、人格者で多くの職員や信者に慕われていました。

 そのBさんが、還俗後にお会いした時には、深い心の傷を負っておられました。ORからは、「あなたは唯物論だ。ありとあらゆる煩悩を全部持っている」と言われていたようです。それでBさんは「私は宗教によっては救われない。だから心の傷を癒してくれるヒーラーを探している」とおっしゃっていました。

--------------------

私はBさんが関西支部長だったとき、支部があるカザマビルにテープを買いに行ってお会いしたことがある

当時は医者であることは知らなかったが、非常に温厚な人柄であった

その後本部に行かれ、あれよあれよというまに複数の局長を兼務され総合本部長まで務められた

京大大学院と阪大医学部を卒業後、阪大医学部助教授というキャリアまで捨てて、教団に奉職した最後がこれだと悲惨な結末だな

オーカワというのは人間のくずだ

また洗脳されている信者は、自分が洗脳されているということが自覚出来てないから、洗脳されたままの状態が続く





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 07:20| Comment(1) | 元職員Tさんのブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ、まだ人間だったのですか。
Posted by XYZ at 2014年05月05日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。