2014年08月22日

オーカワの英語の説法を聞くのは苦痛だ

オーカワの英語を聞くのは、苦行でしかない!

そういえば、親父(善川)の説法を聞くのも苦行だったが!!

昔オーカワの説法で、バスガイドの歌声に乗り合わせた音楽の先生が、音程が気になって仕方がなくて耳をふさいでいたというのがあったが、人に同じ目を味合わせるとは・・・

親子二代にわたって、人様に迷惑をかけるんじゃねえよ(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 08:02| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。