2015年01月09日

あたりまえだわな

東京高等裁判所で幸福の科学が敗訴しました
http://tanemura1956.blogspot.jp/2015/01/blog-post_8.html

こうして、永代供養料や納骨壇は御布施であるから一切の返還請求には応じることはできない、としてきた幸福の科学側の主張は、法廷で第1審、第2審とも認められることなく、退けられたことになります

なお、裁判は幸福の科学側の上告により、最高裁に審議の場を移すことになりました。ただし法律の専門家によれば、東京高裁での判決が最高裁判所で覆る可能性はほとんどないということです。東京高裁の判決が最高裁でも支持され、結審となれば、納骨壇申込金や永代供養料の返還を願う多くの方にとって救済の道が開かれます。遅くとも今年中にはその結果が出ると思われます

***************

棄教した人の未使用の納骨壇や永代供養の費用を返すというのは、常識的に当たり前

それすら返さないというのは、オーカワが守銭奴である証拠





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:51| Comment(0) | 元職員Tさんのブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。