2018年07月16日

信者よ、オウムとコーフクは五十歩百歩なんだよ

麻原の四女が「父には100人の愛人がいた」とオウムの「大奥」を暴露
https://dot.asahi.com/wa/2012092601302.html?page=2

〈父の子供は15人いると聞きました〉
〈父は4人の女性に自分の子どもを産ませたそうです〉

愛人の筆頭格は、教団ナンバー2のマハー・ケイマ(ホーリーネーム、以下同)。
「大蔵大臣」を務め、「女帝」とも呼ばれていた。
麻原との間に3人の子どもをもうけ、麻原が地方へ行くときなど、妻に代わって同行していたという。



「オウム麻原」死刑執行 事件で注目された女性信者たちの“その後”
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07070640/?all=1&page=3
前述したように麻原は石井に子供を産ませたが、95年秋、当時18歳だったスメーダ正悟師(34)にも女の子を産ませている。彼女は、実母と麻原の子とされる高校生の娘の3人で、北関東の地方都市に住んでいるが、


18歳の女性にまで手を染めていたとは





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 18:06| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする