2012年12月29日

受けた(笑)U


衆院選 国師、救世の獅子吼 vol.3 名古屋駅前 幸福実現党創立者 大川隆法 2012.12.14 ザ・リバティweb
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5298

只今東京から到着いたしました。みなさん大変、本当に厳しい師走の中、師走選挙は、もう30年ぶりぐらいだと思いますけれども。頑張られて、誠にありがとうございます。

一人ひとりにお礼を申し上げたいところでございますけれども、高いところから皆様にご挨拶すること、誠に恐縮至極でございます。また、東海道を走ってくるべきところを、新幹線でやってまいりました。大変失礼申し上げております。それでも、この東海ブロック、名古屋の皆様方に一言ご挨拶を申し上げたくて来たものでございます。もう残された日もそう多くありません。

ちょっと後ろで先ほどの江夏さんの熱弁を聞いておりました。あれだけしゃべられると、言うことはない。もう私の立場がない。ないので、名誉職的、名誉的な話をするしかない。ということで、党の政策は江夏さんの方から十分なご説明があったように思いますので、私は別の次元から、別の角度から申し上げたいと思います。

先ほど秘書のほうから、「前回の選挙では、この名古屋駅前の演説で、東京ドームばりの講演をしたために声をつぶしたから、今日は勘弁してください」と言われております。質量をやや下げつつ話しますので、どうぞご容赦願いたいと思います。

まあはっきり言いまして、今日午前中、自民党の総裁が、民主党の首相が、名古屋に来ておると思いますけれども。皆さんもう、人間の話には飽き飽きしたでしょう。もう凡人の話はどうでもいいでしょう。彼らの政策なんて、選挙が終わったら全部忘れ去られるもんですから。皆さん方の耳触りのいいことを言っているだけです。そのあとのことは自分たちが勝手にやりたいようにやるだけなんですよ。

正直に言っているのは、幸福実現党だけですよ。私たちは正直です。嘘をつきません。一貫しています。マイナスになっても言うべきことは言います。それこそが心意気です。

ところがね、日本の政治というのは、この選挙結果をマスコミが牛耳れると思って面白がって、毎日毎日、獲得議席の予想を、新聞で出したり週刊誌で出して、遊んどるんですよ! 半年以上も前から。いい加減にしなさい。これは、選挙妨害罪ですよ。

それをなんですか。公党という、政党というのは、政党助成金という、国の補助金漬けの政党だけのことでしょうが。国から補助金をもらっている政党を、宣伝ばかりしてどうするんですか! その政党の構成員は、ほとんど国家公務員でしょうが。国家公務員に票を入れるように国の費用で選挙をやって、そしてテレビも、新聞も、週刊誌も、そういうものを応援して、何をやっておるのか! これぞ国民不在! これぞ間違いの選挙! これぞ、真理なき戦いであります! 

我々はね、潜在力持ってるんですよ。私はね、全国の比例ブロックで、幸福実現党の代表者たちがテレビで挨拶している内容を取り寄せて見ておりますけども、幸福実現党のね、政策は一番素晴らしいですよ。それも、同じ政党なのに、出てくる人、出てくる人、違った切り口で、全く斬新な話をしてるんですよ。全く答えられないテーマは、ないんですよ。私はね、それを見まして、幸福実現党というのは、もうすでに巨大政党の資格があると思いました。

自民党はね、民主党の失政によって、300議席以上とれるとか、新聞とかテレビとかそれから週刊誌で書かれて、安倍さんもいい気持ちになっているだろうけれども、自民党の政策、ほとんどうちの政策と一緒ですよ! 幸福実現党は公党として宣伝されてないから、うちのパンフレットの内容をいくらとったって問題がないと思われているんですよ。恥ずかしいと思いませんか。

300議席のうち、60議席ぐらいこっちによこせ! そのぐらいの権利はある。これが指導料というものだ。国師に対して、指導料を払え! 自民党は考える力がないんだから、考える力がある幸福実現党に謝・罪、謝・礼をするべきである。

特に今、安倍さんは、国防とかね、原子力推進とか言わなければいけないのに、街宣ではね、経済成長ばっかり言ってるんですよ。恥ずかしいですよ。卑怯だと思いますよ、私は。票にならないし、批判されると思うからですよ。

私たちははっきり批判していますよ。いいですか、おとといは北朝鮮から、大陸間弾道弾、飛ばしました。渋谷で私は「抗議集会をやった」とスポーツ新聞に書かれましたけども。別に怒って抗議集会したんじゃなくて、普通に私は演説をしたんですけれども、「大川隆法 怒りの抗議」と書かれました。まあ、よほど他のところはのんびりとやっていらっしゃるんでしょうけれども。

日本とアメリカが射程距離の中に入ったということは、大変な危機ですよ。そして昨日は、なんと尖閣列島の上を、中国の航空機が、初めて領空侵犯、真上をプロペラ機が飛んできました。これに対して自衛隊機がスクランブルをかけたけども、「ここは日本領土であるから、出ていくように」と言ったら、向こうの答えは、「ここは中国領土だ」という返事だったそうです。許せませんなあ。

さらに、夜の9時ごろからのテレビ朝日の「ニュースステーション」見とったら、前の日の北朝鮮の大陸間弾道弾と昨日の中国の尖閣諸島の領空侵犯の飛行機が飛んだことは、全く別問題だとして考えましょうと、二人して話してましたよ。これが左翼ですよ。中国の手下ですよ。北朝鮮の手下ですよ。この地元の新聞にもそういう人がいっぱい、いるらしいじゃないですか、皆さん。恥ずかしいですよ。

ええ? 北朝鮮のミサイルを撃ち落とせなかったから、次は中国の飛行機が尖閣の上を飛んで、日本が防衛できるかどうか試してみたんでしょうが。なんにも出来ないのが分かったんでしょう。さぞ満足な結果でしょう。中国と北朝鮮は、事実上の同盟関係なんですよ。こんなところに、同情的な議論をかけるようなマスコミは恥ずかしいですよ! そんなところに限ってね、幸福実現党のように正論を言い、この国を守ろうとしているところを無視しようとして、必死なんですよ。

私は今日、東京を出てくる前に不在者投票しましたよ。そしたらね、東京1区、小選挙区で出ているのは伊藤希望さんですけども、政党名書いたら、幸福実現党の政党名がないんですよ。白紙で「伊藤希望」、ただそれだけなんですよ。何という汚い。外に貼ってあるポスターには幸福実現党、伊藤希望と書いて、比例は幸福へと書いてあります。街宣車にも幸福実現党と出てます。しかし、印刷はしてないんですよ。これはね、国民の知る権利を妨害しているんです! 

そして、究極の願いは何か分かりますか。既成政党が、小選挙区と比例区と両方で重複立候補して、負けても、もう一回復活するために、そうしているんですよ。許せないですよ。国税という補助金は取り、自分らだけ有利な復活当選の権利まで作って、やりたい放題ですよ。そしてこの国は、悪くなる一方ですよ。悪いもの同士、どっちを選べなんて、無理ですよ。こんな二大政党、やめちゃえ! 

正しいことを語る政党こそ、応援すべきであると私は思いますよ。維新を唱えているのは幸福実現党、幸福維新を唱えたのは、うちですよ。大阪の市長が何で、党首みたいなフリして全国遊説するんですか。給料返せ、大阪市民の血税を返せ! 

さらになんですか、小沢さんたちも、琵琶湖の知事のスカートの下に潜り込んで。自分たちのいやらしい顔を隠す。恥ずかしいことだと思わないのか。これが公党のやることか。本当に恥ずかしい。もう死にたくなるぐらい恥ずかしいですよ。男なら堂々と、その醜い顔をさらせ! 知事のね、国会議員がね、ええ、総理大臣にもなろうかと言われた方がね、地方の知事の女性知事のスカートの下なんか、潜るんじゃないよ! 恥ずかしいことですよ。もう、こういう人たちには、ご引退願いましょうよ! 

幸福実現党以外、真に国民の幸福を考えている政党はおりません! まだ少し時間があります。皆さん、比例は幸福、幸福実現党と書いてください。お願いしてください。また小選挙区から出ている方々、政党名書いてくれてない、意地悪されてますけども、名前を書くように一生懸命頼んでくださいよ。

そんな既成政党の復活のためだけに、我々の政党の名前書かさないなんて、けしからんですよ。復活するのはイエス・キリストぐらいで結構ですよ。ただの凡人が復活するためにそんな制度、いじるんじゃない。

さらに言っとく。ここは伊勢神宮や、熱田神宮その他、神々の聖地が近くにあるとこですよ。ここで唯物論が強いなんて、恥ずかしいよ。唯物論を排除し、神仏を信じるような正しい心を持った人々がこの国をリードする、そういう国家を創ってまいりましょう。よろしくお願いします。ありがとうございました。

------------------

赤字は笑えるところ

しかしORの演説は、漫才よりもおもしろい!





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:09| Comment(0) | 応援演説・布施返還訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受けた(笑)

日刊カルトより
IMG_0374.JPG


【速報第5弾】大川隆法総裁が桜木町駅前で街宣 「断層はどこにでもできる。40万年前まで調べても人は救えない」 2012.12.13 ザ・リバティweb
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5289

こんばんは。もう、森進一みたいな声になっちゃいました。もう、今日は演歌で行きましょうか? みなさん、私の声が聞こえますか。聞こえますね。

今、日本で起きていることを一言で言うとするならば、新しい黒船の事件が起きているということです。尖閣諸島事件しかり、さらに、昨日の北朝鮮の長距離弾道ミサイルしかり、また、貿易面においてはTPPなども同じく、開国を迫っているものであります。今、新しい「国難」とも言うべき黒船現象に対し、我らが、何として立ち向かうべきであるか。過去の偉人たちは、決してひるまず、決して負けなかった。我々も日本、3000年の文化と歴史を守る者として、断じてこの国を滅ぼすわけには参りません!

先ほど、加藤文康候補から、原子力について、とても博学の説明がありましたけれども、幸福実現党、唯一、原子力推進、肯定しております。理由を述べます。「何ともないから」なんです。ただの恐怖を煽っているだけです。1年半以上、マスコミは恐怖を煽りに煽っておるけれども、放射能で死んだ人なんて、1人もいないんですよ!

ところが、政府の言うとおりに節電して、熱射病で死んだお年寄りは何百人といるんですよ! 今また、雪国においては、暖房を止めて凍死する人が出てこようとしているんですよ。日本は、エネルギー自給率わずか4%です。食料でも40%ぎりぎりあります。エネルギーは4%ですよ。この国殺すには、エネルギー止めれば、終わりなんですよ。これは大変なことですよ。少々、週刊誌が煽ったぐらいで、恐怖心にとらわれて、投票行動に走ってはなりません。

大体、1年半も経ってまだ避難民を遠いところにいっぱい置いて、彼らの生活を元に戻さない、政府に問題がある。さっさと元の地域に返して再建させよ。ちゃんと村では牛だってぴんぴんして生きているじゃないですか。全然問題ないんです。原発事故があった20km以内の病院から遠ざけられた200人の病人のうち、50人は体育館やその他のところで死んでいるんですよ。そしてね、病院を守っている医者と看護師は3人ぐらいでぴんぴんしているんですよ。バカな政策は早くやめなさい!

原子力なんてね、ラドン温泉みたいなものなんですよ。広島、長崎でね、死んだ人は出ましたよ。あれはね、ものすごい温度が出たんですよ。今のね、福島原発の数千万倍の放射能と、その炎と熱で爆風で人が死んだんですよ。その後の広島、長崎いかがですか。家は建ち、人々は健康に過ごしているんですよ。子供で遺伝子異常を起こした人なんて1人もいないんですよ。原子力で遺伝子異常起こしたのはショウジョウバエだけなんです。人間とショウジョウバエは違うんです。

さらに付け加えますけども、今、地層学者とか地震学者みたいなのが、あちこちの原発の下に潜り込んで、この活断層が40万年前に動いたとか、20万年前に動いたとか、5万年前に動いたとか言って、即時停止すべきだとか言っておるけれども、バカです!

みなさんね、昔ね、断層ができたということはね、これから動くということじゃないんですよ。断層というのはね、どこにでもできるんですよ。ここにだってできるんですよ。どこにでも新しいところに断層は出来るんですよ。大地が引っ張られたら、そこに断層は出来るんです。いくらでも新しい断層は出来るんです。こんなものに、40万年前まで調べたって、人ひとり救えませんよ。バカなことをするんじゃないって。なぜ分からない。

助かりたかったら、私の本を読みなさい。そしたら死ななくて済むから。助けてやる。必ず助けてあげるから、私の本を枕代わりにして寝なさいよ! その方が病院よりよっぽど安上がりで、あなた方が元気に暮らすことができるから。

今の日本には新しい雇用が必要です。新しい企業の発展が必要です。新しい経済的成長が必要です。TPPだって怖がっちゃダメですよ。農業や漁業が壊滅するとか言っているけども、TPPっていうのはね、関税がなくなるんですよ。日本の自動車だってね、外国にね、1円も関税かからずに輸出できるんですよ、皆さん。トヨタが元気になるんですよ。日産が元気になるんですよ。その他の輸出企業が全部、立ち直るんですよ!

それに、日本の農業はね、皆さんね、馬鹿にしちゃいけないですよ。日本の農業は世界一なんですよ。その品質、技術力、農民は世界一なんです、日本は。負けられるもんですか。国際競争力に勝ち抜こう! そのためにも、基本となる産業の基礎はエネルギーの確保ですよ。

近くで演説している野田首相、聞こえるか! 横浜駅でやってると思うけれども、なんだ、北朝鮮からミサイル発射の予告を受けてPAC3で待ち受けてて、撃ち落とせないとは何事であるか。恥ずかしいぞ。ちゃんと落とせ。

私たちはね、1994年から北朝鮮のね、核ミサイルの脅威は、講演会でも言ったし、映画でも発表して、危険を皆に知らせているんですよ。それから18年経ったんですよ。やったことはね、PAC3、迎撃ミサイルを置いただけですよ。10分間じゃ、撃てなかったんですよ。お笑いです。そのね、北朝鮮がミサイル発射した50分前にはね、閣議でね、「緊張感を持って対応しましょう」って言って、分かれたんだそうですよ。お笑いですよ皆さん。

結局ね、ミサイル発射する1時間も2時間も前からね、これから撃つらしいということが分かってなきゃ、落とせないということですよ。これのせいでね、どれだけ日本や韓国やそれから米国までが、国防の危機に陥っているか、分かりますか。1万キロも飛ぶ、弾道ミサイル開発されたら、ニューヨークにもワシントンにも届くんですよ。あのね、腰抜けのオバマさんがね、尖閣のために助けに来ると思いますか。自分の国は自分で守りなさいよ!

ヨーロッパの国はね、日本にこれだけ原発があるのを知って、50%のヨーロッパ人は「日本は原子力ミサイルをすでに持ってる」と思ってるんですよ。持ってたっていいんですよ。別に。みんな持ってると思ってるんですから。持っていないのを知っているのは日本人だけですよ。恥ずかしいことですよ。もう怖がる必要なんかありませんよ。作ったらいいんですよ。

原子力なんか余ってますよいくらでも。核のゴミ処理場に困ってるって、そんなの中国の核ミサイル場に撃ち込んだらいいんですよ。そんなのね、北朝鮮のね、核ミサイル発射基地に撃ちこんだらいいんですよ。核のゴミは。それで終わりですよ。

負けるもんか! 日本回復! 日本は世界一になるぞ! 幸福実現党に入れろ! 幸福と書こう! 絶対勝利間違いなし、頑張ろう! (拍手、歓声)

--------------------

アンダーラインのTPPに関することと、赤字の核ミサイル攻撃はちょっと過激すぎるが、それ意外はおおむね賛成

笑わせてもらいました


オマケ
日刊カルトより

IMG_0576.JPGIMG_0689.JPG




にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:17| Comment(0) | 応援演説・布施返還訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

布施返還訴訟

棄教したので、納骨段や永代供養の費用、高額な布施を返してほしい、というのは正常な感覚だと思うな

それを一切返さないというのは、良心的な団体とは思えない





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 20:24| Comment(0) | 応援演説・布施返還訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

コーフクとは未使用の納骨壇の権利を放棄しても、料金を返さない団体なんですよ

幸福の科学に供養料など返還命令
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/67903

 宗教法人「幸福の科学」を退会した女性4人が、「永代供養料」や「納骨壇申込金」の返還を求めた訴訟の判決で東京地裁は27日、「法律上解約が可能だ」と認め、同法人に約2300万円の支払いを命じた。

 判決によると、4人は幸福の科学に入会後、納骨壇の使用料として350万〜700万円を支払い、うち2人は永代供養を依頼してそれぞれ200万円を納めた。2012年、信仰心を失ったことを理由に退会した。

 法人側は「受け取ったお金はお布施で、通常の委任契約と違って解約は認められない」と主張したが、宮坂昌利裁判長は「支払ったお金は、永代供養の委託や納骨壇の利用への対価であり、委任契約の性質を持っている」と指摘。民法の規定に基づき、解約は可能との判断を示した。

 幸福の科学は「信仰の内容に介入し、信教の自由を侵害した判決だ。即刻控訴する」とコメントした。

--------------------

これでオーカワが仏陀ではなく、守銭奴だというのがよくわかりますね





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 14:32| Comment(5) | 応援演説・布施返還訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする