2012年12月08日

原発について

渡部昇一先生講演会 U
http://blog.livedoor.jp/izigen0055/archives/2738508.html

菅さん、仙谷さんは元はゲバ学生です。
私は彼らがゲバ学生だったころ教師をしていましたから、彼らの極悪さがよくわかります。

今、原発が大きな問題として報道されていますが、菅さんは東電の冷却システムが止まったことを受け、「第一機動隊の放水車を出せ!」と言いました。

しかしこれはゲバ学生に放水していたもので適当ではないのです。
彼らの頭の中はゲバの時から全く進歩していません。

また菅さんは産学共同にも反対しています。

大学が産業界に協力したら資本主義が発展してしまうからです。
名古屋大学へも軍事利用できる研究はしてはいけないということも言っていましたが、元々名古屋大学は自然科学系の大学です。

自然科学で軍事利用できないものが果たしてあるのか?
これについても私は論説を書きました。

忘れてはならないのが、菅さんは外国人から政治献金されていたという事実です。
事の重大性から総理大臣を辞任し、議員辞職もするか?
という状況でしたが、この大震災でうやむやになってしまいました。

菅さんは喜んでいるでしょう。

現在、国内では反原発の流れが強くなっていますが、国際的にはそうでもありません。
ドイツは原発をやめて石炭を使用していましたが、電力が足りないため、やはり原発が必要だと言われていました。

大震災でこれはちょっとストップされるかもしれませんが。
フランスは電力の80%が原発です。
ロシアも原発を増やします。
北朝鮮も原発が欲しい。
韓国もそう。中国は原発を3倍にする。
インドも。
日本がいくら原発をやめても意味がありません。
日本より質の低い原発国に囲まれているのですから。

例えば中国の楼蘭の核実験でも放射汚染物質が偏西風に乗り、日本に相当量来ています。

(記者注:中共はウイグル人の居住地で広島型 の1375発分の核実験を実施し、19万人が死亡、129万人ものウイグル人が核放射線被害を受けた。

NHKはそれを隠したまま、シルクロードの番組を制作し、27万人の日本人をシルクロード観光に誘った

その危険性はチェルノブイリの比ではありません。

大型の原発は日本の技術が一番ですが、その日本でこういう騒ぎになっているので、諸外国は驚いています。

フランスの原発は小型なんです。

菅さんは左翼なので、東電を国営にしようと思っていた節がありますが、サルコジが来て何か言われたらやめました。

日本の電気料金はカナダ、アメリカの二倍です。
電気代が高いので、アルミの精錬をしている工場は国内にはありません。
原発をやめて電気代がもっと高くなれば鉄鋼業も無くなるかもしれません。

日本が原発から降りるのは危ないことです。
危険だからといって研究をやめるのは危ないことです。

例えば火薬の研究。たとえば鉄砲の研究。

これらの研究を怠った国がどうなったか。

他の国の植民地にされるのが必然なのです。
危険だからといって、逃げてはいけない。

高速増殖炉さえできれば、日本のエネルギー事情は100年単位で大丈夫だそうです。
(記者注:高速増殖炉は、運転しながら、燃えないウランを燃えるプルトニウムに変換するシステムで、核燃料を効率よく使える。
しかし現状は安全性が十分でなく、実用化している国は無い)

後進国にコンパクトで安全性の高い原発を開発して輸出すべきです。

そもそも放射能はそんなに危険なのでしょうか?

私は大学時代に寮の二人部屋にいましたが、ルームメイトは広島で被爆して片耳がつぶれて いました。
それから考えると相当量の被曝があったはずです。

ドイツ留学時代も何年も一緒でしたが、彼は非常に元気でした。
放射能の生体に及ぼす影響は、ショウジョウバエのオスで研究されてきました。

しかし、ショウジョウバエのオスは修復酵素を持っていないので、微量の放射線でも身体にダメージを受けてしまいます。

人間は修復酵素を持っているので、ある程度以下の放射線は、この酵素が働いて逆に免疫力が高まり身体に良いという研究もあります。
(記者注:最近のバイオテクノロジーの研究の結果、微量の放射線などで細胞の核内のDNAが切断されても、修復酵素群の働きにより、DNAの障害が修復されることがわかってきた)

ラドン温泉やラジウム温泉なども健康に良いですよ。

これは高田純先生も言っています。

(記者 注:札幌医科大学教授、理学博士。
被曝医療など放射能被害を専門とする。楼蘭の核実験についても博士の著書に詳しい)

チェルノブイリでは18万人の追跡調査を実施しましたが、放射能による病気の可能性があると認められたのはたったの6人だけでした。

色々と話をしてきましたが、東京裁判史観から脱却し、正しい歴史認識を持って、日本の未来を築いてまいりましょう。

以 上





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:16| Comment(0) | 消費税増税・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルトダウンの真実

この一言から始まった・・・・メルトダウンの真実
http://blog.livedoor.jp/izigen0055/archives/2710330.html

cf066f0a.jpg

「オレのヘリを用意しろ」
総理官邸で今最大の権力を持つキチガイが叫んだ・・・・・・・

「・・・・・・・ヘリに乗りたかったんだよ・・・・・・・。」

コレだけで何百万人も被爆、横浜の小学校の給食にも福島の汚染野菜が使われる・・・・・・かなり恐ろしいことが起こっていることへの警告を殆ど無視し、思考能力なしの内閣が「好き放題で国民を殺している」。

ボランティアで有名どころの親分大阪のと言うか関西全部の半島のために身をささげる辻本清美。全国の支援物資を横取りしてるという噂を聞く、さすがに転売はない様だがピースボートの箱に入れ替えて配給しているとか。

原子力委員会の青山繁晴専門委員は13日の参院予算委員会に参考人として出席し、東京電力福島第1原発事故について「津波の直撃を受けた段階では、原子炉建屋はまだしっかりとしていたが、その後の判断ミス、対応の遅れによって水素爆発が起き、放射性物質が漏えいした。全てではないが多くのものが人災だ」との見解を示した。自民党の衛藤晟一氏への答弁。
青山氏は4月下旬に福島第1原発を視察し、吉田昌郎所長らから聞き取り調査を行った。

菅直人首相が東日本大震災発生翌日の3月12日に原発を視察したことに関し、青山氏は格納容器から気体を放出するベントの指示の9分前に首相視察に関する指示が東電本社から現場にあったと説明。

「(ベント)作業に加えて首相を迎える準備が必要だったことは間違いない」と述べた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3月12日午前6時すぎ。菅直人首相は陸自ヘリで官邸屋上を飛び立ち、被災地と東京電力福島第1原発を視察。

「指揮官が官邸を不在にすると、後で批判される」という秘書官らの引き留めを押しての決行。

第1原発は地震で自動停止したものの、原子炉内の圧力が異常に上昇し、東電は格納容器の弁を開放して水蒸気を逃がし、圧力を下げる作業(ベント)を前夜から迫られていました。

東電は政府に蒸気放出を申請しました(蒸気放出には政府の許可が必要)が、翌日、菅総理が視察に行くので海江田大臣は蒸気放出をやめるよう指示。

そのため、1号機の原子炉内の圧力が上昇。ようやくベントが始まったのは首相視察終了後の午前10時17分です。

しかし間に合わず、15時36分に1号機の建屋が水素爆発で吹き飛び、放射性物質が外部へ飛散しました。

これが「原発事故」の始まりでした。

現場の放射線線量が急上昇し、制御室での作業ができなくなり、放置された3号機、2号機、次いで4号機が爆発しました。

こうした菅首相の視察によるベントの遅れは東電にとっては全く計算外で、ここから深刻な原発事故が始まりました。

菅首相は、原発の危険性を訴えていますが、菅首相自身が、福島の深刻な原発事故の最大の原因そのものであり、現在進行中の、日本のメルトダウンの元凶です。





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:36| Comment(0) | 消費税増税・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

原発か?それとも反原発か?



私はチャンネル桜派なので、この実現党の政策提言には賛成だ

脱原発は左翼マスコミが作り出したムーブメントであって、かっての安保反対運動、最近ではオスプレイ反対運動などの感情的な反発に過ぎない

日本人は感情的な雰囲気に流されず、理性的な視点を持たなければならない





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:47| Comment(0) | 消費税増税・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

消費税増税すると、自殺者が増える



その点ではこの動画の前半部分はよく出来ている

消費税増税に賛成する自民党の麻生・石波・野田毅は死刑

ついでに公明党の山口那津男も死刑

国益を全然考えていない財務省の役人も死刑





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 14:53| Comment(0) | 消費税増税・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

「脱原発」は大嘘つき!




最後の中村仁信大阪大学名誉教授の説明は必見!




にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:15| Comment(0) | 消費税増税・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする