2013年02月14日

妄想炸裂!奄美の某信者注意報!! (以前は非公開)

再度掲載
http://amamikyoten.chatx2.whocares.jp/

amamikyo:うちの父と母が「離婚してすぐ結婚なんて・・・」と呆れていたので説明してやった(08:33)

amamikyo:@何年も別居していた A離婚・再婚を後押ししてるのは子供さんたち Bさっさと再婚しないと元嫁が戻ってくるじゃん(←ここ重要)(08:35)

amamikyo:父と母「なるほど・・・・」(08:37)

amamikyo:長年、離婚カードを家庭内での脅しの材料にしてたあの元嫁さんなら、絶対、自分が離婚訴訟おこしたことなんかはじめから無かった事にしてまた大川家に転がり込もうとするだろうから、その場所が空位であるのはほとんどの信者にとっても不安材料になる。これでもう安心安心。(08:40)

amamikyo:できれば盛大に結婚式していただきたい。広く内外にアピールして。(08:47)

--------------------

同じ発想を別の信者の方もしていたので、その方に確認したところ教団からの説明ではないようです
さすがに教団の幹部も、そこまでバカではないだろう
教団から罵詈雑言を言われ、永久追放処分にされているのに、常識で考えて元のサヤに収まるわけがはない
かりにも東大卒業の才媛なら、人間としてのプライドもあるだろうし
こんな説明を受けて納得する親も親だが・・・

こういうのをゲスの勘ぐりというのだ!





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 10:22| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた奄美の某信者警報発令! (以前は非公開)

議員のアノ件について個人的に思う
http://amamikyo.amamin.jp/e315460.html

この件に関して、私が思うことは、

「これは議員個人の問題であり、公人としての問題ではないのではないか」

ということでした。

私から見て最も批判されるべきは「職務の過失ではなく、プライベートな問題によって議員を職務からひきづりおとした」一部マスコミの方ではないかと思います。

議員の女性問題をかばうつもりはありませんが、それは、あくまで家庭の問題であり、政治家としての職務にはなんら影響を与えるものではないにもかかわらず、

個人的には、外国からのハニートラップにハマった議員の方が、比べものにならないほど公人として問題ではないかと思います。

決して議員をかばうわけではありません。(笑) だって支持政党からして違うし。(笑)

そして議員には、これをバネにして改めるべきは改めてさらに胆力を養っていただき、

日本のため、奄美発展のためにさらに頑張っていただけたらと願っております。

--------------------

非常に軽率だよね
このように断定して発言することは

それにこれは単に愛人がいたとかの話ではなくて、未成年の婦女子に酒を飲ませ、酩酊状態にさせたあげく強姦するという、相手が告訴したら刑事事件になる代物だからね

犯罪行為をして、お金でもみ消そうとした人間に、国民の税金で給料を払うというのはいかがなものかという議論があってしかるべきだ

柔道の内柴正人被告は二つの金メダルを持ってしても、5年の懲役刑を宣告された

これは結婚して半年後の出来事だから、奥さんに対する背任行為でもある

>決して議員をかばうわけではありません。(笑)

内容から言って、十分擁護しているよ

こういう言葉のレトリックを使って、ごまかそうとするところが、こいつの汚いところだね

ちなみにコーフクの職員で、過去こういう経歴が判明したら、即クビだろう

まぁ、次回立候補しても、当選はもうないだろうが





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 11:21| Comment(1) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奄美の某信者のおばかな点 (以前は非公開)

怒りの原因
http://amamikyo.amamin.jp/e291358.html

数年前からここで私は何度か憧れの存在・三島由紀夫のことをとりあげている。

三島ことをとりあげるたびに、何度か、数人の信者さんから「波動がわるい」「三島由紀夫を尊敬するのはおかしい」などと指摘された。(ごく一部の信者さんですよ)

そのなかには私が当時したしくさせていただいていた信者さんもいて、大変ショックをうけた。

三島由紀夫のどこが間違っているのか。そこへの指摘はなく、ただ「波動がわるい」「切腹した右翼作家だから」「2.26の霊と関係をもっていたから」というごくありふれた理由だった。

それが、忘れもしない、大川隆法総裁の「三島由紀夫の霊言」で、

三島が実は神道の由緒ある神・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)だと明らかにされ、幸福実現党の霊的支援も当初からしてくだっさっていたと明らかにされてから、

それまできていた一部の信者さんからの苦情がピタッとやんだ。

私はいまでもそれが許せない。

信念のない日和見主義的な言動で、三島を馬鹿にしていたというのが、本当に許せない。

おもいだすたびに、腸が煮えくり返る。

できれば謝ってほしい。

--------------------

ここで注意が必要なのだが、実はORが20年前の研修の質疑応答で、「これだけ霊言集を読んでいて、太田千寿の三島の霊言を普通に読めるようではおかしい、三島は下の世界に返っている、プライドが邪魔をして、本来の世界に帰るのは、100〜150年くらいかかる」とネガティブに三島は言われている

それを受けて、三島に傾倒している某信者に注意を信者がしたのだ

ORの見解が変わったのかどうか知らないが

本来某信者が怒りを向けるべきはORなのだ

それができないから、注意をした他の信者に逆恨みをしている

某信者はすでにその時点でORの過去の発言を知っていた

知っていてそういう発言をするのは、”バカ”としか言いようがない!(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 11:31| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

奄美の某信者の記事に反論してみる(笑)

同じことを他のブログでも書いていてしつこいので、某信者の記事に反論してみる

幸福の科学の元信者で、幸福の科学を批判・攻撃する方々について

http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11486164381.html

>ご自分のサイト上で「総裁や多数の職員がカウンセリングにきた」という虚偽の内容を載せています。
(そのなかには種村さんとまったく面識がない方も多数含まれていました。種村さんがカウンセリングをしたと書いてる日にそもそも関東にいなかった人がいたりw)

心研のサイトの目的はよくわからないが、あくまでも匿名のイニシャル表記で、実際にそこにいない人との会話もできますとあったので、現在のコーフクの守護霊霊言を座興でいたぶっていたのかも知れない

>このことはすでに幸福の科学側で反証していますが、それに関して種村氏はスルーしておられます。

スルーといえば、種村さんの個人プログ「真実を語る」に教団は一切スルーしている
コーフク教団とORに対する真摯な疑義に、教団はおろか信者もまったく反論できないでいる


>週刊誌に種村さんが書かれた性の儀式とかいう妄想記事に関しても、そもそも総裁が不倫をしていた事実はないと明らかにされています。

>それは、離婚訴訟で巨額の慰謝料請求をした、五人のお子さんが誰もついていかなかった総裁の元奥さんが、記者会見で言っていた総裁の不倫というネタをその後何故か封印し、その後の離婚裁判でも一切ふれなかったことからも明らかです。(つまり証拠がない)

証拠を出せと言われても、不倫現場の写真とか録音がなければ、現実的には難しい
だからそれがなかったのだろう
不倫を立証するものが出せないから、不倫がなかったとは言えないだろう


>もう一つ、この方が幹部だったのは15年以上前で、正直に申し上げまして、「使えなくなって引退した」方です。

それはORの説明の受け売りでしかない
かって総合本部長だった真杉さんも還俗されたが、阪大医学部助教授をされてた方が仕事ができないとは思えない


>還俗したあとの種村氏の幸福の科学批判に関しては、妄想カウンセリングや妄想儀式を週刊誌に流した行動から常識的に判断していただけたらおわかりになるかと思いますが、

種村さんの説明では、「妄想儀式を週刊誌に流した」のではなく、内部情報を手に入れた週刊誌の質問に、その手紙は確かに私が書いた内容だと述べていた
それで種村ブログ「真実を語る」には一切反論ができないということですね


>また、アンチさんのなかには、宗教団体のなかで傷つき、そのことで宗派そのものに恨みを持っている方が少なくないと思います。

>組織にはいろいろな葛藤や軋轢があり、それは理想を重んじる宗教団体であっても決して完璧ではありません。お布施の問題や信者同士の人間関係の不調和など、様々な問題があるでしょう。

>そういった葛藤を乗り越えるのは、相手ではなく、自分であるというのが宗教を学ぶ者としてのスタンスであり、それが合わないなら離れればいいだけのことではないでしょうか?

>「苦しいときに助けてくれなかったから神様なんて信じない!」と思うのは個人の自由ですが、「苦しいときに自分を助けてくれなかった神様なんて偽物だ!邪教だ!許せない!」は、大人の考え方としては少しあんまりなんじゃないかと思います。

>それは幸福の科学においてのみではなくどの宗派の方であっても、かつて属していた宗派を批判し攻撃するということは、表現はあまりよくないのですが、まぁハッキリ言って

>「振られた女の悪口を周りに言いふらしてつきまとうストーカー」

>と同じ心理状態ではないかと考えております。

宗教のテクニックの一つである説得力のある言い回しを用いて、自分の悪意を正当化してまわりに撒き散らす下品さに気づかないほどにご自分が見えていないというのは、ある意味では幸せであるとは思いますが、

宗教や宗派以前に常識の目でみて、「自分が信頼していた場所で認めてもらえなかった恨みをいつまでもネチネチを正当化している」ことが、世間的な目で見たときに信用できる言説かどうかを冷静に判断されるのが、一番ではないかと思います。

言葉のテクニックで飾られたネガティブな言い分の正当化を、鵜呑みにする心理状態は、どんな宗教や団体や個人であっても危険なことであると思います。

長々と書いているが、それらは全て某信者の妄想に過ぎない
下線部分はコーフクや某信者自身のことを述べている


種村さんは元職員であって元幹部でもある
私もそうだが、コーフクを邪教と認定している
だから種村さんは加害者でもあったわけだ
私は自分が伝道した相手が死んでしまった
加害者としての責任として、真実を探求して間違いを指摘するのが真摯な態度だと思う
それを淡々とやっているのに過ぎない
信者さん及び一般の方に、現在のコーフクを邪教だと知らしめるのが目的である
いわば親切心でやっているのだ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 21:37| Comment(2) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

奄美の某信者の記事が論理破綻している件w

元職員VS他宗 真実はどこに?
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11600432536.html

>元職員さんの劣等感と被害妄想と転んだ自分の言い訳のための情報を鵜呑みにして、
>「大川隆法は頭のおかしいただの俗物だった」
>と信じて、
>「私は今まで騙されていた!」
>と目覚める(笑)方がいかに多いかを見るにつけ、
幸福の科学という教団に盲目的に精神依存しすぎることの怖さを思う。

大川隆法は信者に「何も考えずについて来なさい」と言っている
大川が信者に盲目的依存を求めているのだ


>一般的に考えて、元職員の情報ほど信用おけないものはありません。
だって、自分が信じた神を、理由はどうあれ裏切ってるんでしょ?
>しかも、そのことを堂々と正当化してるんでしょ?
>それを喧伝してる時点で、
「人として一番やっちゃいけないことをやっちゃってる」
>としか見えないと、どうしてわからないのでしょうか?

最初は信じて職員になったのだろう
それがだんだん実態がわかってきて失望に至ったのだろう
ごく自然なことだ
大川が神でないことがわかっただけのこと


>立場を変えて見ていただけたら分かると思いますが、
>明らかに
>「自分は悪くない!すべて○○が悪い!」
>という歪んだ自己正当化の為のあさましい姿を晒しているのがわかります。
>そのような精神状態の方の言う「真実」に、一体どれほどの価値があるのか、私には理解できませんし、
>聞く耳を持つつもりもありません。
一時的であれ、かつて心の師匠としてたくさんの恩恵を受けた方のことを、
>堂々と誹謗中傷できる人物を、私は尊敬できませんし、関わろうとも思いません。

元オウムの信者であったとしても、それを麻原に言うことが出来るか?

>そして、私が赤心でお付き合いする他宗の方々は、
>私個人に対して、正直な姿勢で、幸福の科学の教義や運営に批判的なことはたくさん言われます。
>しかし、その方々は、
>ただの一度も、大川総裁の人格を否定したことはありません。
>(ある方などは、霊言を霊視して「大川総裁は心臓が悪いのを無理して働いてる」と指摘。もちろん、その
>方に大川総裁に関する事前情報は与えていませんでした)
>むしろ、
>「大川総裁があれだけオーバーワークに霊言を出さないといけないということは、
>職員が働いていない・もしくは大川総裁の意図と離れているという証拠。
幸福の科学の病巣は職員にある」
>と、他宗の方々はみなさん口を揃えて分析しておられます。
>さて、元幸福の科学職員という方々の告発情報と、
>あくまで幸福の科学に依らない、他宗の方々の見方。
>最も真実に近いのはどちらでしょうか?

阪大医学部の助教授だった真杉さんは、大川隆法に女性問題を進言してクビにされたのだ
真杉さんがクビにされたら、もはや誰がクビにされてもおかしくはない
他宗の方は教団運営の実態を知らないのだ
幸福の科学は完全なるトップダウン
職員が大川に意見を言おうものなら、即座に左遷かクビ
職員は大川の指示通りに動かざるを得ないので、幸福の科学の病巣は大川自身にある


>私は地球神であり、聖書の本当の神であるエル・カンターレに帰依し、
>エルの神への帰依を命じた奄美の神に、心から感謝する。
>私を導く奄美の神は、「我を崇めよ」とは、ついに一言も言わなかった。
>1999年、5月1日、東京南部支部、午後9時、笠松支部長の前で苦悩する私に、
>奄美の神は、エル・カンターレを示し、
>「大いなるものと一つになれ」
>と私に命じた。
>そのことを、奄美の民として誇りに思う。
>エルの神よ、
>奄美の神は、はるか古代の契約を、守りました。

大川隆法は断じて地球神ではない

あなたは悪魔と契約を結んだのだ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 11:04| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

何かプログ村で揉めているようだが(笑)

最初何のことかわからなかったが、だんだん見えてきた

ピア健氏の扱いを発端としてモメているようだが

【第一の問題】 奄美の某信者を仲裁に立てたこと
仲裁者は会員から尊敬を受けて信頼されていることが条件

某信者のプログは、何度も会員から注意を受け本部にも通報されていること
本部は基本的に会員のブログにはノータッチで、メールでの苦情はサービスセンターに回すだけ
結果サービスセンターは会員のブログを調べもせず放置状態
電話での苦情のみ支部長等に連絡が行く
某信者は他宗の宗派の営業を頻繁にブログでやるなど、非常識な点が多い
これはコーフクの軒先を借りて、他宗の講師に説法をしてもらうことと同じでどこかおかしい
都会であればすぐ問題になることでも、奄美は会員が少ないため某信者のやりたい放題らしい


※32. Re:お久しぶりです。
アマミキョ氏は、返答によっては、徹底的に私を追い詰めるとの内容のメッセージを私に送って来ました。

コウ 2013-09-24 20:07:52
http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11619132029.html#cbox

こんなやくざまがいのやつに仲裁が勤まるはずがない(笑)

【第二の問題】 ピア健氏は大川を仏陀だと考えていること

大川は仏陀ではないから、信者は仏弟子ではない
ピア健氏はコーフクから離れ、幸せを感じる生活をしたほうがいい
コーフクには、大川の眷属と思われる人物たちがうごめいている
ピア健氏の幸福は、コーフクには断じてない!

結局某信者のような大川の眷属と思われる人物たちと、比較的まともな人との間で、揉めているのだと思う





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 11:12| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

奄美の某信者の記事の一部を解読してみる

http://ameblo.jp/azuma67/entry-11622486164.html
m(_ _)m
豊川ラブさんのお気持ちに、心より感謝いたします。
私は誰を贔屓したかったわけでもなく、ただ、レオさんとコウさんの批判合戦を見かねたラブさんのお気持ちをくんで、レオさんとコウさんの批判合戦の元となった、ピア健さんとレオさん、ガンちゃんさん、幸村さんの批判合戦のころからさかのぼることで、騒動をおさめたかっただけだったのですが。
豊川ラブさんはレオさんのご友人でしたが、私はレオさんとは縁もゆかりもありませんでした。
むしろ、それまでピア健さんと私とラブさんは同じチャットでの友人関係でした。
ピア健さんは隠しておられますが、ピア健さんのサイトトップのイラスト画の原案も、ピア健さんをスクナビコナと言ったのも、そのチャット内で私がピア健さんにお伝えしたことです。
(イラスト画を書かれたゆかりんさんが詳しくご存知かと思います)
ラブさんも私も、当時親しくしていたピア健さんを陥れる理由などないのがお分かりになるかと思います。

しかし、いま、仲裁そのものがまるで私がはじめからレオさん派としてコウさんを騙していたかのような印象操作をコウさんがされておられることが理解できましたので、もう、コウさんとのお話し合いも、出来る状態ではないと思い至りました。
私は、これ以上ピア健さんとコウさんの名誉を貶めることは本意ではありません。
ピア健さん、コウさん、今までご身辺を騒がせてしまい、大変申し訳ございませんでした。
私のような者が申し上げますのも大変僭越ではございますが、ピア健さんとコウさんの今後のご活躍を、心よりご祈念申し上げます。
そして、みなさま、お騒がせいたしまして、大変申し訳ございませんでした。

ラブさん、

私が微力ながら尽くさせていただいた仲裁の意味を、渾身の力で問うてくださったあなた様のお気持ちに、心より感謝申し上げます。

--------------------

一見きれいな文章だが、某信者の本心は違う

>ピア健さんは隠しておられますが、

ここでピア健氏を批判しているが、某信者お得意の印象操作が入っている
ピア健氏は最初某信者をおもしろい人だなと思って接していたのだが、やがて某信者の本質に気づいたのだ
某信者は心の底で思ってることと、表面で繕う言葉が違っても平気なのだ
それに嫌気がさして、ピア健氏が距離を置いただけのこと
それだけのことなのに、離れたピア健氏を悪者にしてそれとなく批判している

表面では美しい言葉を使っているけれども、裏ではコウ氏にしたように恫喝がお得意だ
これはUMA氏にも同様のことをやっていた

某信者は口は達者なんだけど、本音は違うということ

よい子のみなさんは、美しい言葉に騙されないように(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:45| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

宗教以前に、奄美の某信者の言い分に関わってはいけない理由(笑)

奄美の某信者といえば、日本の悪口ばかり言っているこの女性の方と性格が似ている気がする

朴 槿惠.jpg

まぁ某信者に関わってはいけないというか、言っちゃ悪いけれど、若いB型女性特有の自己中心性が出ている文章だね
ようするに、コメント欄では会話が成り立っていない(笑)
一般常識から照らしてみても、どちらの言い分がまともなのか
再度掲載して、自分の恥を全国にさらしているわけだが


宗教以前に、アンチさんの言い分に関わってはいけない理由 (再掲載)
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11713501095.html

さっそく、私にくいついてくださっておられるアンチさんがおられるようで、モテモテのアマミちゃんです。(笑)
でも、私はアンチさんとはコメント欄のみでの対話とさせていただいております。
なぜなら、悪意のみで向かってこられる方との対話は不毛だと考えているからです。
私に直接言いたいことがおありなら、「フルネームなどの素性を明かした上で」、「礼儀をもって」私のブログのコメント欄にいらしてください。

別にネットで会話するのに有名人でもないのに、本名を明かさないといけないとは思えないけど
それに本名を明かすと、教団関係から圧力をかけてくるかも知れないというリスクがある


私は素性を明らかにしております。ネットで検索されれば私の自宅もわかります。(笑)
後ろめたいことがないのならば、そしてその言動が公に益するものであるという志をお持ちなのならば、
お互い赤心で、正々堂々と、議論をさせていただこうではありませんか。
そもそも、宗教以前に常識で考えて、
ファンブログランキングに悪意をもってアンチブログを書かれている時点で、非常に危うい精神状態であられることを感じます。
題名を読めば、悪意にみちてる文章かそうでないかはすぐにわかります。
悪意を持ってご自分の正当性を喧伝している方との対話は、世間一般の常識で考えて、十分にその道徳観念のなさが危ないです。

世間一般の常識というけれど、オウムの麻原を批判することが間違っているとは思えない
某信者自身は統一教会批判をしていたくせに


アンチさんは事実と虚構をうまくまぜてこちらを不信にひきづりこもうとしてますが、
(私の知人に種村さんの妄想カウンセリングの被害にあった方のご家族がいます)
そもそも良識ある人間なら、そんな後ろ向きな過去にいつまでも関わらずに新しい自分の道を探せばいいだけなので、
アンチさんの言い分にたとえ一分の理があったとしても、「恨みつらみを喧伝するアンチを続けている」というその時点でかなり心が病んでおられます。

確かに貧乏神宗教には、あまり長くのめり込まないほうがいいとは思う
デトックスのために、それを吐き出す期間はしょうがないとしても、それを過ぎれば距離を置いたほうが無難だ
人生において貧乏神とは、出来るだけかかわらないようにしたいものだ
現在私はアンチ活動からセミリタイヤ状態にある


私は霊的なことはよく分かりませんが、そのような精神状態の方と関わることの危険性はよくわかります。
当会の正しさはその働きにあらわれています。
自信をもって、堂々と主の弟子を名乗りたいですね。

ちなみに隊長は私の一般向けブログで知ったアンチの方からも霊障相談がくるらしく(笑)
隊長から第三者の客観的なご意見として、アンチさんの言い分もお聞きしております。
その心の傷は察するべきものも多く、お気持ちをすべて否定することはできません。
しかし、悪意はいけません。
隊長から私自身が言われている言葉を借りれば、「それはあんたの徳をさげるだけ」だからです。
アンチさんの恨みつらみが成仏することをお祈りいたしております。

ブログ村を通じて、
すべてのアンチさんに主エル・カンターレの愛が臨みますように。


---コメント欄---
1. 本当は敵なんか居ないのさ
アンチは全面シャットアウトかな?以前カイルんとこで遊びに来なよって言ってたから遊びに来たよ。
アマキヨは素性を明かしちゃって大丈夫なのか?敵ながら心配になるよ 変なのも居るから気をつけなよ
って、まさかお祓いの結界とか霊力とかを信用して、自分にそういうのは向かって来ないと思ってるんなら・・そういうのがいちばん危ない
神仏への信仰は、人の吉凶に何の関係もない。っていうのは戦国時代のひとは、よく知っていただろうね
あっ アンチはね。うらみなんてないぞ。
大川を信仰しないからといって=イコール=アクマと考えるのは短絡的だと思うよ
おいらは 大川を神さまとは認めないが、本当の神さまへの信仰はある
アンチの多くは、大川の実態を知ったんで、詐欺師に騙されている信者諸氏に本当のことに気付いてほしくて、言論活動をしている。
それを、ひとくくりにアクマ呼ばわりしたり、「悪意ある」などと決めつけるのは、おかしいと思うがね
このお題の件で言うなら、本来信者なら、むしろアンチ言論をよく聞き、その情報ソースを調べ、それに反論していくのが信者としての責務だと思うよ
俺が、今も信者だったらそうしているね
霊的に悪影響が・・なんて言ってるのは、仏弟子にあるまじき
すでに相手を差別し、切り捨てているんだな。
俺が信者時代には、そんなことはしなかったぜ。誰しも、分け隔てなく、ひとりでも多く、仏の縁に連れていこうと思っていたからね
大川の本当の姿を知ってアンチになってからも、その姿勢に変わりはない。ひとりでも多く、大川の詐欺被害から救い出したいし、霊的に大川の地獄行きの道連れになる信者を少しでも減らしたい。それがアンチ諸氏の本願だよ
まあ、あんまり悪意呼ばわりの烙印は押さないことだよ。そうして裁いているあなた自身に烙印を押しているようなものだ
ひとを裁き、分け隔てをして差別する者こそが、神の意に反する者であることをアマキヨなら分かるだろう
ソフィア 2013-11-27 23:40:38


2. Re:本当は敵なんか居ないのさ
>ソフィアさん
あなた様の言葉には嘘があります。
どうかもう一度その文章をよく読まれてお考えください。
もしくは、大切な第三者のご友人に読んでいただいてご感想をいただかれてみられてください。
あなた様は孤独を癒したい心と、
孤独の原因を他に求める心があります。
それを、大川隆法総裁への裁きに転嫁されています。
そのお心は、健全な状態でしょうか?
私は、アンチの方をアクマとは過去一言も申し上げたことはございません。
ただ、倫理観よりもネガティブな感情のはけぐちを優先するという意味で、精神的に非常に危うい状態であるとは申し上げております。
どうか、幸福の科学から卒業され、
幸せになってください。
あなた様には、たくさんのご先祖様や守護霊様がおられますから、
どうか、新しい未来に向かって歩まれてください。
あなた様のお心の救いを、心よりお祈り申し上げます。
アマミちゃん 2013-11-27 23:49:40


3. アンチの善意
私の言葉にウソがある?どこよ?遠まわしに言われるより、引用してこの辺がって言ってくれると分かりやすいんだが
「あなた様は孤独を癒したい心と、孤独の原因を他に求める心があります。それを、大川隆法総裁への裁きに転嫁されています」
⇒これは、全く的外れだし。あなたの推測にすぎん。
おいらは単に信者さんとお話したいだけだよ。孤独を癒やすんなら、わざわざカルト信者のとこに来なくても、話せるひとはたくさん居るんでね
って、別に、さびしくないし〜 こちらに全くない絵をあなたが感じたのなら、それはあなた自身の絵なのかもしれないよ
私は一人で居る時間のほうが落ち着くし、ふだんから、あまり寂しさというものを感じないひとなんでね
「ただ、倫理観よりもネガティブな感情のはけぐちを優先するという意味で、精神的に非常に危うい状態であるとは申し上げております」
⇒そうそう、こういうとこだよ。決めつけ、思いこみの激しいとこね。
ではアマキヨに聞きたいが、
犯罪者の犯罪を指摘し、それを糾弾することが、倫理に反し、ネガティブな感情なのかな?
更なる被害者が出ないように、良心ある者としての正当な批判と言うべきではないかな
アンチにとっては、その対象が大川であるにすぎない
善意そのものの行為だと思うがね
霊的に言っても、神を僭称し、聖霊の名を語って冒涜行為を続ける無間地獄行き確定の大川に騙されている人々が居るから、そっちに行くと危険だぞ〜、本当の神さまの居る方向はこっちだぞ〜
って言ってまわってるのがアンチだよ
善意そのものだよね
ソフィア 2013-11-28 03:35:53


4. Re:アンチの善意
>ソフィアさん
残念ながら、あなた様との誠実な対話は望めないことを理解いたしました。
これ以上のあなた様との対話は、あなた様の孤独をさらに深める作業にしかならないものと感じます。
ホンの少しご指摘させていただくとしたら、敵なんかいないと言いつつ、私のことを敵を言われているあなた様は、ご自身でも理解されていないところで思考の混乱をおこしておられます。
また、犯罪者とかつての教祖をののしることで、ご自身の迷いを正当化されているところに、あなた様の深い悲しみが大きく横たわっていることを、あなた様ご自身が自覚することを放棄しておられます。
幸福の科学という宗教以前に、アンチという思考そのものに問題があるというのは、こちらで語るよりも、おそらくは、あなた様の一般のご友人にあなた様のアンチブログを読んでいただいて、ご感想をうかがった方がより理解がなさりやすいのではないかと思います。
おそらく一般の皆様は、口をそろえて、「いつまでしがみついてるの?」と言われると思います。これが、客観的な事実です。

あなた様の悲しみが浄化される日がこられることを、心よりお祈り申し上げます。
アマミちゃん 2013-11-28 09:04:31




にほんブログ村
posted by 本末天道 at 14:07| Comment(3) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

自己客観視とは?

592157_c450.jpg


この方を見ていただきたい
見るからにポチャッとした体型の女子プロゴルファーで、公称を見ると身長 164cm・体重 65kgとなっている

これに対して身長 156cm・体重 88kg の奄美の某信者がいる

どれだけデブなんだよ!

この某信者がブログでダイエットしたいと時々言ってるが、一向に体重が減る気配がない

これを自己客観視できない姿というのだ

体重というのは基本的に、消費カロリーと摂取カロリーのバランスで成り立っている

消費カロリー(基礎代謝+活動代謝)と摂取カロリー(食事など)のバランスを変えれば体重が変動する

病院では入院患者の体重を増やさないために、食事のカロリーを抑えてある(3食合計で1800キロカロリー等)

私は最近2週間ほどの入院で体重が5kg減った

病院の医師から筋肉が破壊されていると言われたので、筋肉量も落ちていると推測される

現在も念のため、退院時の体重をキープしている

おそらく奄美の某信者は食い意地が張って、よく食べるし運動もろくにしていないのだろう

ダイエットも満足に出来ない人間に、人を自己客観視できないなどと批判する資格はない





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 10:29| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

奄美の某信者へ

某信者がまたブログ村で暴走しているようだが



某信者はコーフクの信者を辞めたほうが幸せになれる


辞めてもっと自由になったほうがいい


地元の振興と知り合いとの交流を大切にしたほうがいい


かっておじさまと呼んでいる霊人がコーフクに入れと言ったそうだが、そのおじさまは大川の眷属だ


現在のオーカワは霊力も落ちているという


隊長さんがオーカワを霊視すると普通に見えたというのは、そうゆうことだ


オーカワは私の洞察によると仏陀ではない


長年いっしょに暮らしていたきょう子さんも、仏陀ではないと言っている


オーカワもかっては天上界から指導もあった


正心法語が光ってるのは、その証だ


辞めてもっと自由になれ



それがTHINK BIGへの道だ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:40| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

奄美の某信者がダイエットに再挑戦しているようだが

ひそかにダイエット(´ε` )ちゅー
http://amamikyo.amamin.jp/e403083.html

>内容はお決まりの「糖質制限」です。(笑)

>ご飯は一日一食か二食。夜は食べない。

>お腹がすいたときにはタンパク質だけとり、お米や糖分はとらない。


これでは続かない

夜は食べないというのは比較的正解だが、糖質を制限するというのは無理だ
必ずリバウンドで、ドカ食いしてしまう

私が病院に入院しているとき、ご飯は三食たっぷり出た
それでいて2週間余りの間に、5キロ減った
これはおかずの量が少ないのだ
おかずは結構カロリーが高い
だから食事制限では、おかずの量を減らすというのが正解だ

>次は運動だ・・・お腹の肉を燃やさねば・・・・。

これも間違っている
運動では体脂肪は燃えない
起きている間に運動で使われるエネルギーは、食事・筋骨格系・体脂肪の順番になる
体脂肪が燃える前に、筋骨格系が分解されて体を壊す
マラソン選手の体脂肪が少ないのは、基礎代謝が高いので脂肪がつきにくいのだ
運動というのは、基礎代謝を高めるためにやるものだ

最後に付け加えると、夕食をいっぱい食べると、体は寝ている間に食事のカロリーを使う
夜の食事を抑えるというのは、寝ている間に体は筋骨格系は温存して、体脂肪をエネルギーとして使ってくれるというしくみなのだ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:05| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

文芸春秋「著しく不当な判決だ。直ちに上告する」

文春側に謝罪広告と賠償命じる 幸福の科学総裁の記事で 東京高裁
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/03/19/kiji/K20140319007806720.html

 宗教法人「幸福の科学」が週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、文芸春秋側に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁は19日、同社に400万円の支払いと、判決確定後2週間以内に誌上に謝罪広告を掲載するよう命じた。

 一審東京地裁は幸福の科学側の請求を棄却していた。

 問題となったのは、大川隆法総裁の女性関係に関する2012年7月19日号の記事。坂井満裁判長は、記事の内容が真実かどうか、文芸春秋側が主張、立証をしていないとして名誉毀損を認めた上で、多数の信者がいることなどから謝罪広告による名誉回復が必要だとした。

 一審は「総裁についての記事が幸福の科学自体の社会的評価を侵害したとはいえない」としていたが、坂井裁判長は「総裁が絶対的な地位にあることは社会一般にも認識されており、総裁の社会的評価は幸福の科学の評価に直結する」と判断した。

 文芸春秋は「著しく不当な判決だ。直ちに上告する」とコメントした。

----------------------

例によって奄美の某信者が勝ち誇ったような記事を書いていたが、どうやら最高裁までいくようだな


種村さん終了のお知らせ
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11800141670.html

しかし、400万円と1頁全面の謝罪広告は大きいな(笑)




にほんブログ村
posted by 本末天道 at 11:26| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

三島由紀夫に対する熱い想い

某信者がブログ記事で、三島に対する熱い想いを語っている

三島の切腹は日本においてよりも白人社会でその意味を果たした
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11950875054.html#cbox

三島の切腹がいかに大きな意味を持つものだったかというお話。
三島文学は日本よりも外国に対して、その影響力が非常に大きいのを、日本人はほとんど知らない。
三島は英語を学んでいたので、翻訳されても三島文学独特の耽美な文調が伝わりやすかった。
(三島自身が翻訳文をチェックすることができた)
そのため、世界の著名人には今でも三島ファンが多い。
ましてや、当時「東洋のサル」としか思われてなかった極東の一島国から発信された三島の作品にある「日本の美学」のレベルの高さは、白人の文化人達を驚愕させた。
ノーベル文学賞を川端康成が受賞したとき、なぜ三島ではないのだと思った人も多い。
それほどの格調の高さが三島文学にはあった。
その三島が、「檄文」と共に、「自衛隊の決起」を促して「切腹」したのだ。
この檄文の内容を、そして三島の切腹を「白人の立場から見た」ときに、どうであろうか?
三島の檄文にあるのは、明らかな「憲法九条というアメリカの欺瞞と、それに屈している日本のサムライ達への怒り」だった。
三島は、その死でもって世界に見せつけ、叫んだのだ。
「保身を捨てたサムライの魂を見せてやる!アメリカよ、白人共よ、俺達は天皇のためにいつでも死ねるぞ!」と。
これは、欧米人にとって、非常に怖い内容だと思わないか?
三島はその強烈なる文学と死を持って、白人社会に「日本の美しさと怖さ」を見せつけた。
そして、白人達のつくった「戦後秩序」の欺瞞を、世界に喧伝したのだ。
これは、何よりも三島にしかできなかったことであろうと思う。
そのハラキリの意図を、日本のマスコミは一切伝えなかった。
「強烈な劣等感から虚勢を張っている目立ちたがり屋の文学作家が、自分のヒーロー願望のとおりに自殺した、劇場型公開自殺にすぎない」と断じた。
たしかにその一面もあるだろう。
しかし、それはあくまで三島が【あえて晒していた】一面にすぎない。
ほとんどの日本人は、三島の虚勢や劣等感から生じたヒーロー願望という「三島がわざと見せていた」一側面を、あたかも自分だけが見抜いたかのようにことさらにあげつらい、それを三島への評価につなげるが、
三島自身が、それを【あえて晒していた】という事実に気付かない。
三島の本当の恐ろしさがそこにあるのだと気付かないのだ。
あなたなら、すべての劣等感と繕いと虚勢と願望と内心の憤怒までも、世間に晒して、それを批評される勇気があるか?
三島はそれをやってのけたのだ。
それこそが、三島が【世界に仕掛けた目】だ。
三島は非常に研ぎ澄まされた観察者でもあった。
三島はすべての自分の弱みをあえて晒し、弱みに狼狽する自分をも観察し続け、自分自身の透徹した視点に見据えられる血反吐を吐くような精神の苦悩から、
あのどこまでも美しく優しい文学を完成させたのだ。
三島のあの虚勢の姿を見て嗤う者は、三島の真似をできればしてみるがよい。
多くの人は、「そんなことする価値もない」と言うだろう。
しかし、私は断言する。
おそらく常人なら発狂するだろう。
「すべての虚勢や繕いを【あえて晒す】」ということが、どれほどに耐え難いものであるか。
ほとんどの人間は、虚勢の背後にある「プライド」がそれを許さないから。
自分の劣等感や劣等感を繕うための虚勢を世間に指さされ嘲笑されたら、私自身はすくなくとも正気でいる自信はない。
繰り返すが、三島は、それをあえてやってのけたのだ。
そして、自分を笑う者や軽蔑する者を見ているのではない、自分と、自分を笑う人々の内に横たわる「虚勢や欺瞞に目を向ける勇気を持てないがための誤魔化しの心」
を、ジッと見ている。
その最後が、あの檄文だった。
自衛隊に対して、「キミ達がアメリカを護らねばならないこの矛盾をキミ達自身の手で暴け!」と、三島は叫んだ。
三島の義挙は、サムライ達に託した、自分の生き様のすべてをこめた、国と人への愛だった。
最後に、三島は、自衛隊が誰もついてこないと、おそらくは察していただろうと思う。
繰り返すが、三島の本心はあの檄文にある。
あの檄文を、読んでほしい。
あの檄文を、分かる人間達の元に伝えるために、三島は命をなげうった。
命をかけて伝えたかった言葉がそこにある。
三島の死は、白人社会にこそ、伝えるべきことを伝えた。
それを本来は、ジェネラル(軍人)がしなければいけないことだとも三島は語っている。
三島は透徹した観察者だった。
しかし、観察者のみではなく、行動者だった。
三島は自分を嗤う日本人のために、その命を捧げたのだ。
三島の死を、決してナルシズムのみで語ってはならない。
三島の死によってたくさんの保守や右翼が「その死を無駄にしてはならない」と愛国心を強固にしました。
三島由紀夫の死は、日本の保守運動にとっても歴史の希望だったんですね。
その認識で「英霊の聲」を聞いたら、内容は本当に切実なる国への憂いだと分かるでしょ?
三島由紀夫は本当にすごいんですよ〜



と某信者は三島を絶賛なのだが、当のオーカワは

1989年 幸福の科学5月研修「ピカソ霊示集」質疑応答において、こう語っている


太田さんのところに出ているという話ですが、あれを読んでワクワクして胸が躍るようでは問題がある
これだけ霊言集を読んできたら、そろそろわからなければならない、違いが
やっぱり気持ち悪くなかったらいけない
あの本読んで、三島由紀夫だろうと推定していますが、
しかし、最後まで読めるようであったらいけない
彼自身は、自分が迷っているとは思っていない
神々の世界に自分は帰っていると思っている
しかし、帰っていない
行っている霊域はもちろん、日本の神々の系統を引く霊界にいることは事実ですが、私達の分類によると下のほうに入るわけで、その世界の中にも、自分が神々だと思っている人がだいぶいる
実際は高級霊であって、使命を持って地上に出てきて、失敗した方もいる
そういう方には、あくまでも自分は神様だと信じてがんばっている
そういう中に今、いらっしゃる
本当の意味で解脱が出来ていない
なぜ出来ていないかというと
やっぱり自分に対するプライドが高すぎる
きわめて、自分のことを高く評価しているために、事実を正当に認められない
これはプライドの葛藤です
プライドを捨てない限り、彼の本来の世界に帰ってこれない
元々は霊格の高い方です
私の感じだと、あと100年から150年くらいかかるかなと思っています
そのぐらいしないとすっきりしない
この3次元での葛藤を清算出来ない
元々はかなり霊格的にある人だと思っています


********************

某信者はこのオーカワの発言を知っているのだが、知っていてなおかつこういう記事を書くということは
自己矛盾しないのだろうか?

自分に都合の悪いことは自動的に目に入らないように、頭の構造がなっているとしか思えない(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:22| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

信者が私の11/12の記事をコピーして、某信者にコメント入れたようだ

http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11950875054.html#cbox

3. 質問です
1989年 幸福の科学5月研修『ピカソ霊示集』質疑応答において、主は、こう語っている

≪これだけ霊言集を読んできたら、そろそろわからなければならない、違いが
やっぱり気持ち悪くなかったらいけない
 
あの本読んで、三島由紀夫だろうと推定していますが、しかし、最後まで読めるようであったらいけない

彼自身は、自分が迷っているとは思っていない
神々の世界に自分は帰っていると思っている

しかし、帰っていない
行っている霊域はもちろん、日本の神々の系統を引く霊界にいることは事実ですが、私達の分類によると下のほうに入るわけで、その世界の中にも、自分が神々だと思っている人がだいぶいる

実際は高級霊であって、使命を持って地上に出てきて、失敗した方もいる
そういう方には、あくまでも自分は神様だと信じてがんばっている
そういう中に今、いらっしゃる

本当の意味で解脱が出来ていない
なぜ出来ていないかというとやっぱり自分に対するプライドが高すぎる
きわめて、自分のことを高く評価しているために、事実を正当に認められない
これはプライドの葛藤です
プライドを捨てない限り、彼の本来の世界に帰ってこれない

元々は霊格の高い方です
私の感じだと、あと100年から150年くらいかかるかなと思っています

となっていますが、アマミさん的な解釈は、どのように整理してるのかを教えていただければ、ありがたいです

クルド 2014-11-12 16:57:29



4. Re:質問です
>クルドさん

クルドさんが書いてくださった主の昔の質疑応答に関しては、私も以前より存じておりました。
この主のご見解とは別に、私は私なりに、世間は三島由紀夫の功績を正しく評価すべきであると感じておりました。

ここから先はあくまで私個人の推察ですが、三島由紀夫は、主の言われる通り、ある程度迷っておられたと思います。
しかし、それは世間一般のいわゆる「不成仏霊」ではなく、広田弘毅霊や東条英機霊や山本五十六霊と同じように、「神格を持つ魂が志半ばで倒れた」ことの悲しみからの未浄化だったのだと推察します。
さらに、三島由紀夫霊が幸福実現党の支援霊だったことからも(「三島由紀夫の霊言」参照)、三島由紀夫霊が決して現在も霊格の低い魂ではないことは明らかです。

主はご著書のなかで「自分もまた戦後教育の影響を受けていた」と近年語られています。
また、当時主が三島の死に様から先入観で距離を置いていたことも、「三島由紀夫の霊言」によって明らかにされています。
当時の主のお言葉は非常に厳しい内容にも聞こえますが、当時の主の先入観及び「信者が迫害されない状態をつねに配慮されてきた」主の姿勢から想うに、当時はそのような表現が最も無難であり語れる限界であったことは充分に理解できるところです。

「三島由紀夫の霊言」が主の最終的な三島由紀夫への評価だと私は推察いたしております。

「三島由紀夫の霊言」により、幸福の科学は三島由紀夫を正しく「陽明学の実践者」として認め、さらに「天孫瓊瓊杵尊」の魂だと認めました。
それで良いのではないでしょうか。

アマミちゃん 2014-11-12 18:03:07

********************

やっぱり、オーカワの発言を自分の都合のいいように解釈している(笑)

まぁ今でも残っている信者は、こんなのしかいないのだろう





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:13| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

究極のダイエット法

奄美の某信者ブログにアンチだとまずいかなと思って、名前を変えてコメント入れたが承認されなかった(笑)
もったいないので、一部修正して紹介する


***************

ら・い・せ☆(師匠伝説)
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-11993092842.html

統一ネタはクドくてつまらんけど、こういうネタはおもろい(笑)

守護霊はやせているのか?

動く物と書いて動物と読むように、人間は動かないと基礎代謝を落としてしまう

仕事はマッサージ業で肉体労働でもあるので、運動は特にしなくてもよい

ちなみにダイエットに成功するコツは、きわめてシンプルで夜食わないことだ

朝昼はいくら食べてもいいから、夜食べないようにすれば、一日300〜500gづつ体重が減っていく

どうしても我慢できないときは、コーンポタージュ(139kcal)くらいは飲んでもよい

3ヵ月後には30kg減量に成功する

それ以降は普通の食事に戻して、体重調整をする





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 11:08| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

緊急情報!

時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060300802&g=soc

お茶の水女子大は3日、2013年3月に文教育学部を卒業した学生1人の卒業論文で、内容の3分の2が盗用だったとして、指導教授を厳重注意処分にしたと発表した。論文は同月発行の書籍に掲載され、市販されているという。

今年1月に書籍を読んだ人から指摘があり、大学が調査委員会を設置。論文は明治憲法の制定と信教の自由に関するテーマだが、文章の3分の2が4人の研究者の論文や著書と酷似しており、調査委は無断引用してつぎ合わせたと判断した。指導教授は盗用に気付かず、最高評価を与えていた。

この学生は大学側の事情聴取に応じておらず、規定がないため処分も行わないという。

高崎みどり副学長の話 研究倫理に反した遺憾な行為で、再発防止に全力で取り組む
(2015/06/03-18:43)

*****************

咲也加氏は、仏教でいう「因果応報」という言葉を知らなかったのか(笑)

この問題に教団は完全スルー

咲也加氏は、ほとぼりが冷めるまで謹慎ということで、表舞台には出てこないと思う

これにはオーカワも、過去世の吉田松陰も蟄居謹慎して塾を開いたとか言ってゴマかしそう

それぐらいしか、弁解の方法はない(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:10| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

緊急情報(続報)!

幸福の科学総裁の長女が卒論で「無断引用」 お茶の水女子大は指導教授を厳重注意に
J-CASTニュース 6月4日(木)19時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000009-jct-soci&p=1

yjimage.jpg

宗教団体「幸福の科学」の大川隆法総裁の長女(24)が、お茶の水女子大の卒業論文で「無断引用」を指摘されていたことが分かった。しかし、学士については処分規定がなく、学位は取り消されないという。

大川隆法総裁の長女は、2013年3月に文教育学部を卒業し、現在は幸福の科学の専務理事兼総裁室長を務めている。

■無断引用された大学教授「対応を考えたい」

無断引用が発覚したのは、卒論を収録した著書「神国日本の精神」(幸福の科学出版刊)を卒業と同時に出版したことがきっかけだった。卒論は、「明治憲法の制定と信教の自由」というタイトルが付けられていた。

お茶の水女子大の広報担当課によると、著書の初版本を読んだ人から15年1月になって指摘があり、大学では調査委員会を設置して卒論を精査した。その結果、4人の著作や論文から段落ごと計22か所で無断引用があり、全体の3分の2ほどにわたっていた。著作や論文は、参考文献にも挙げられていなかった。指導教授は、無断引用を見落とし、長女の卒論に最高評価を付けていた。

これを受けて、お茶の水女子大では、指導教授を文書で厳重注意処分にするとともに、6月3日になって長女の名前を伏せて報道発表した。

無断引用については、週刊新潮の4日発売号も報じた。

東京都内の私立大学教授は、1990年の論文で4か所を無断引用されており、新潮の取材に対し、「断りもなくここまで使うのは問題」だとした。そのうえで、「盗用されたことについて、対応を考えたい」と話したという。

都内の別の私立大学准教授は、06年の著書で8か所を無断引用されているが、J-CASTニュースの取材に対し、「初耳です」と驚いた様子を見せた。そのうえで、「盗用は大問題ですが、実際に卒論を見ていませんので、何ともコメントできないです」と答えた。

最近は、ネット検索をすれば学生のコピペが分かることが多いともされているが、お茶の水女子大の指導教授は、なぜ無断引用を見抜けなかったのか。

処分規定がなく、学位は取り消されない
この点について、お茶の水女子大の広報担当課では、次のように説明する。

教授は、宗教については専門外でしたが、1つだけ読んだことがあると言っていました。事情聴取に対し、『卒論が似ていると記憶にあった気がする』と答えましたが、『お茶の水の学生が盗用をするはずがない』との思い込みがあったということです」

卒論を書いた本人には、故意にやったことなのか、それとも参考文献に挙げるなどを忘れていただけなのかを聞こうと連絡を取った。しかし、忙しくて行かれないため、代理人の弁護士を行かせるとしたが、大学では、本人でないとダメだとしてそれを拒否した。

学則には、学士の学位返還規定はないため、学位を取り消すことはできなかった。しかし、今後については、学位取り消しを含めて学則の見直しなどを学内で検討していると説明している。

幸福の科学グループの広報局では、取材に対し、次のようにコメントした。

「お茶の水女子大学からは何の指摘もありませんし、大学の卒論指導・審査に関することは、コメントする立場にありません。なお、『神国日本の精神』については、近代日本の宗教的限界に鋭く迫った独創性に富んだ内容であり、出版にあたり引用・注を付けておりますので、問題はありません」

ただ、初版本に収録された卒論には、4人の論文や著作が参考文献にはなかった。14年8月に出された第2刷には、修正したことは触れていなかったが、どこからか指摘があったのか、うち3人の分が参考文献に挙げられていた。さらに、15年6月2日の第3刷には、4人分すべてが参考文献に挙げられていた。

この点については、「書籍増刷時の修正箇所等についてはお答えしておりません」としている。

********************

忙しくて行けないって・・・?

3分の2も盗用しておいて、独創性に富んだはないだろう

『お茶の水の学生が盗用をするはずがない』と指導教授が言うように、お茶の水には優秀な学生が多いのだろう

お茶の水女子大の名誉を傷つけると同時に、教授の顔に泥を塗られるえらい災難だったな

出版さえせずに、卒論のままだったらバレなかったのに、悪いことは出来んもんだ

因果応報とは仏陀もよく言ったものだ

これで天照や吉田松陰の生まれ変わりと言われても(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 15:24| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

全ては後の祭り

905 :毒の字 ◆fO5HgwbXLs :2015/06/06(土) 17:36:33.99 ID:DIoKq9f1
おまえら娘を守る気あるんだろな

自虐ネタで笑わそうって場面なのか

こんなオモシロ仙人呼んできてどうすんだ



914 :本末天道 ◆tjKHVAY1Y2 :2015/06/06(土) 19:07:58.13 ID:kYjcvynl
>>905
>おまえら娘を守る気あるんだろな

そもそもオーカワに娘を守る気がない

本来ならば最初に卒論を読んだ時点で、これは娘の実力では書けないなと見抜かなければならない

それを見抜けず、教授から最高評価を貰ったといって有頂天になり、書籍にまでしてしまった

書籍にしたあとで指摘が入り、娘を問いただしてとりあえず3人分を参考文献にした

これで何とかやりすごそうとした

あとで大学からも言われ4人目を追加した

しかしそれは参考文献として載せただけで、実際には論文の3分の2が4人の文章をコピーしてつなぎ合わせたものだった

結果は最悪の状況となり、全ては後の祭りとなった

あー、飯がうまいわ(笑)

この世に悪は栄えん

実の母親を罵り、天照を騙る娘に、天罰が下ったということだ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 19:28| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

結 論

根はこつこつまじめに勉強するタイプで、努力家なんだろう

学校の成績は良かったので、お茶の水大学には合格できた

ただ論文を構成する能力は未熟で、実力が不十分だった

だから他人の文章をコピーして使わざるを得なかった

それが案外うまく出来て、指導教授はごまかせたが、世間の目はごまかせなかった

オーカワが論文の最高評価に浮かれてしまって、書籍にしたことが運のつき

自業自得とはこのことを言う

ようは普通の女子学生で、天照でも吉田松陰でもないということ

ここが大事なところなんだよ





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 10:38| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

あるいは



この動画の10分20秒から、今回の問題とリンクしている



オーカワは平気でうそをつく

咲也加氏も平気で、母親の悪口を言っていた

だから咲也加氏が人の論文を盗用したということは、悪いことをしているとの自覚がなかったのかも知れない

そうでなければ、簡単に書籍化などしないだろうから

卒論通ったからもうOKなんだ、という感覚だったのかも知れない

この先すぐ演題に立って話をするようだと、全然反省していないということだろう





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 18:53| Comment(1) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

今までの整理

666 :神も仏も名無しさん:2015/06/27(土) 18:59:53.46 ID:c57SUk4k
>>634
アホか、お前は
さやかはんは、指導教授の言うとおりに論文を仕上げたんやから
指導教授は論文の注釈すべて把握しとるんやで
なんでそこに書いてるようなことをする意味がないやろ
すでに騙されとるぞ
前に言ったが、大学側はこの問題についてマスコミの相手に記者会見をしたのか?
一切やってないだろうが
週刊誌の書きたい放題やな
ただ、書籍化のさいに注釈省略して盗用の誤解まねく要因も教団側にあったことも事実なので
教団もあまり強くは抗議しとらんけどな




731 :本末天道 ◆tjKHVAY1Y2 :2015/06/28(日) 10:13:36.30 ID:jN8zf1QT
>>666

>前に言ったが、大学側はこの問題についてマスコミの相手に記者会見をしたのか?
>一切やってないだろうが

整理すると、今年1月に書籍を読んだ人から指摘があり、大学が調査委員会を設置
論文は明治憲法の制定と信教の自由に関するテーマだが、文章の3分の2が4人の研究者の論文や著書と酷似しており、調査委は無断引用してつぎ合わせたと判断した
指導教授は盗用に気付かず、最高評価を与えていた
お茶の水女子大では、指導教授を文書で厳重注意処分にするとともに、6月3日になって長女の名前を伏せて報道発表した
高崎みどり副学長の話 : 研究倫理に反した遺憾な行為で、再発防止に全力で取り組む

卒論の盗用といういち生徒の不祥事を、わざわざ記者会見まで開いてすることはないと大学は判断した
大学側ははきわめてノーマルな対応をしただけで、教団や信者はきわめてアブノーマルな反応をしている

長女の卒論を出版さえしなければ、問題は決して表面化することはなかった
指導教授は性善説の立場にたって、生徒の論文を推敲したに過ぎない
教授が論文が盗用であるかどうかまで調べるのは、時間的に困難でありエネルギーの無駄のような気がする





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 13:47| Comment(0) | 長女・某信者ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする