2016年10月21日

これは笑った

http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/15-p101-p105-p106-p108-1-p111-p112.html

Sumit2012年7月18日 12:36
アイマイミーです

大川はまた墓穴を掘りましたね。
種村さんの守護霊が大川に来て語るはずもありませんし、また語ってる内容もでたらめです。

大川の初期の守護霊理論では、守護霊とは魂の兄弟であるから、本人と考え方やしぐさもまったく良く似ているというものでした。
それで、大川自身による守護霊を「呼び出し」ショーを間近で何度も見ましたが、いつも噴飯ものでした。
なぜなら、本人に、似ても似つかわしくない守護霊がでてきては「俺が偉い」「いや俺様のほうが偉い」「あいつが偉いのは気に食わない」などの話ばかりなんですよ(爆笑)これは、大川の意識を単に語ってるだけのイタコ芸なんですよ。

種村さんとは、知り合った頃からいまにいたるまで、一貫して変わっていません。
彼が上京して生長の家の学生組織の中核メンバーになったときが最初の出会いですが、まことにも勉強熱心で、活動家というよりも理論家肌の人間で、将来を期待される人でした。
(当時、私は青年組織の事務局長でしたから,その組織の傘下にある学生組織は人材の供給源としていつも注目していました)その勉強熱心さ、求道心の高邁さ、そして正義感の強さはまったく変わっていません。
だから、詐欺師・大川の欺瞞と大川の犯罪行為が許せないのです。

それ以来、30年近く彼を知っていますから、大川のイタコ芸にでてくる種村守護霊は、すぐ偽ものだとわかります。
種村さんの守護霊が、増上慢な発言をするわけがありません。
信じられない人は、大川に頼んであなたの守護霊を呼び出してもらうといいですよ。
荒唐無稽のことしかしゃべりませんから(笑) 大川の意識をしゃべっているだけだからです。
いんちきなんです。
そもそも大川には霊能力なんてないんですから(爆笑) 大川に霊能力がないというのは幹部職員ならみんな知っています。
生活のために黙っているだけです。

大川が指定する、過去世とか守護霊の話なんて、自分のいま置かれている状況に応じてどんどん設定変更してくるわけですから、テキトーな発言と理解するのが一番です。
いま、大川に過去世認定されてる人も、利用済みとなった途端、また設定変更がありますって。
こういうと、お前はもらってないから嫉妬してるんだろうという輩がおりますので、一言いえば、私も有難くも(爆笑)たいそう立派なものを頂戴しましたよ。
証人もいますよ。
でも、職員を辞めたときに捨てました。
そんなもん、何の役にも立ちませんから。
そんなもん有難がってるのは大川妄想ワールドの住人だけです(大爆笑)


種村修2012年7月19日 23:21
守護霊と本人とは癖まで似ていると、よく大川隆法氏は言っていました。
私はこの偽守護霊の大阪弁をうんと下品にしたようなしゃべり方が、とても嫌です。
徳島の方はこんな話し方をするのでしょうか。





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 14:39| 元職員Tさんのブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

「舎利佛の真実に迫る」から見るオーカワのなりすまし

P113 当時月刊誌が六種類ぐらいあったと思うんだけど・・・
そいえいば、「聖使命会員」とか言うて、一人で百冊以上配っていたから

********************

ここで言っている月刊誌と聖使命会員はイコールではない
聖使命会員には聖使命新聞が配布されるもので、月刊誌は関係ない
こんなことはネットで調べればすぐわかる

生長の家本部にいた種村さんの守護霊が、こんな基本的なことを間違えるわけがない


P115 谷口雅春大聖師が日本国憲法改正を訴えておられて

********************

谷口先生の考えは、大日本帝国憲法復元改正である
昔生学連に所属していた種村さんが、こんな基本的なことを知らないわけがない

これらは全てオーカワがにわか生長の家知識をかじって、種村守護霊になりすまして言ってるからにそういない





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 12:55| 霊言のおかしさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

テレンス・リーはかっこいいな

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000527-san-soci

「外見が目立つためテレビで活躍しているように思われているが、実際は昨年の出演は3本。生活は苦しかった」

「幸福実現党の政策や理念は私と全く異なっていた。だが、今井被告は私を芸能界に入れてくれた恩人。断ることはできなかった」

「交通費などにしては多いと思った。おそらく謝礼も含まれていると思った。違法行為だとは認識していたが、大した問題にはならないだろうと思い、軽い気持ちで受け取ってしまった」

「弁護人から聞いた話では、当初は今井被告と一緒に公判をする予定だったが、今井被告が『テレンスと一緒の公判になると、自分まで注目されてしまう。別にしてほしい』との意向を述べたため、分離されたということだ。もう今井被告とは関係は持たない」

「芸能界や執筆の世界からは追放されるだろう。多くの友達も失った。失業とともに“失友”した。すさまじく後悔している。政策的・哲学的にも違う政党を応援し、お金を受け取ってしまった。万死に値する」

********************

今までテレンス・リーのことはよく知らなかったが、今回の発言はオーカワの発言と比べると好感が持てる





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 12:59| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

オーカワの性格の異常性

94年当時、最初の協力者である原久子さんを破門にしたことに違和感を持ったな

あれだけ献身的に尽くした原さんが去った途端、悪口三昧で破門

それはきょう子さんも種村さんにも同様の仕打ち

こういうところにオーカワの性格に、攻撃性というか異常性が垣間見られる

あと宗教家なのに、新聞の高額納税者番付に載ることにも違和感

赤川次郎とか人気作家が自分の力で本が売れて、印税が入るのはいっこうにかまわない

しかしオーカワは組織力を使って、自分の本を信者に献本用に大量に買わせて、印税だけは自分の懐に入れる

よくこんな男に信者は、いつまでもついていくな(笑)





にほんブログ村
posted by 本末天道 at 17:06| 私の見解・渡部昇一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする